headband

アラプラス 糖ダウン 口コミ

HOME >> 妊娠糖尿病について

妊娠糖尿病について

糖尿病は40代以上の運動不足の男性に発症しやすいです。

しかしそれ以外にも妊婦も発症しやすいんですね。

なぜ妊婦が発症してしまうのか?これから

・基本説明

・原因

・赤ちゃんへの影響

・治療法

この4点を説明します。


基本説明

妊娠糖尿病は妊娠前まで糖尿病を患っていない女性が発症します。

もともと糖尿病である女性は対象外です。

簡潔に説明すると糖代謝異常が起きてしまっている状態です。

発症率は約10%であり、決して他人事ではありません。

糖尿病と聞くと一生治らないイメージがありますが妊娠糖尿病は一時的な病気で出産後に回復します。

しかし妊娠後に同じ状態が続いてしまうと普通の糖尿病になってしまいます。


原因

妊娠糖尿病の原因ですが、妊娠中は女性ホルモンの分泌量が上昇して糖の分解が困難になってしまっているからなんです。

糖分はすい臓から分泌されるインスリンによって分解されます。

妊娠して女性ホルモンであるプロゲステロンが分泌されるとインスリンの働きが低下します。

それにより血糖値が上がってしまうんですね。


赤ちゃんへの影響

これから妊娠を考えている女性にとって自分の体も大事ですが、産まれてくる赤ちゃんのことも気になりますよね。

実は影響があるんですね。

具体的には4000g以上の大きな赤ちゃんの出産、奇形児、低血糖です。

出産だけでなく胎児が死んでしまい流産してしまうこともあります。


治療法について

まず自分が妊娠糖尿病なのか検査を受ける必要があります。

妊娠初期から定期的に血糖値を測定して上昇することがあると発症しています。

肥満体型であったり、家族に糖尿病の患者がいる女性は普通の女性より発症率が高いです。

治療法は食事療法と運動療法の2つがあります。

食事療法は血糖値の上昇のもとである糖分摂取を抑えるメニューをこころがけます。

特にご飯やイモ類は糖分が高いので積極的に摂取してはいけません。

次に運動療法ですがその名の通りに普段の生活に運動を取り入れます。

運動にも種類がありますが主にウォーキングやヨガなどの有酸素運動が行われます。

この2つの療法でも効果がない場合はインスリンを注入するインスリン療法を行います。

妊娠糖尿病のまとめ

妊娠糖尿病のポイントとして

・基本説明

・原因

・赤ちゃんへの影響

・治療法

この4点を説明しました。

治療も大事ですが予防することも大事です。

予防方法は治療法と同じく適度な運動とバランスの良い食事です。

これらを継続すると妊娠糖尿病を予防するだけでなく母子ともに健康な状態で出産することができます。

自分一人の体ではありませんので毎日の生活を規則正しくしましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! アラプラス糖ダウンの口コミについて詳しく調べてみました

    pagetop
    inserted by FC2 system