headband

アラプラス 糖ダウン 口コミ

HOME >> 糖尿病の合併症について

糖尿病の合併症について

糖尿病の症状は喉の渇きや疲労感がありますがそれらを治療もせず放置したり、血糖値ののコントロールを怠ってしまうと合併症を引き起こしてしまう可能性があります。

合併症とは糖尿病が原因で他の病気を発症させてしまうことです。

これから合併症として

・神経障害

・目の障害

・腎臓障害

この3つを説明します。


神経障害について

糖尿病が進行すると神経部分で障害が発生します。

まず感覚神経部分で急に足がつったり、何も触っていないのに肌がピリピリ感じることが起こります。

これを異常知覚と言います。

次に体内の血圧や体温・発汗をコントロールする自律神経にも異常が起こります。

主に異常発汗、排尿障害、立ちくらみが起こり最悪の場合に死亡することもあります。

神経障害の治療は抗けいれん剤や抗うつ剤、血管拡張剤などの薬物治療が行われます。


目の障害について

糖尿病による目の障害のことを糖尿病網膜症と言います。

まず網膜にある血管が弱くなり、塊ができて血管が破れます。

それにより視力低下を引き起こすんですね。

次に網膜の血管内が詰まってしまい白くてぼんやりとしたものが視界に生じます。

そして血管が詰まってしまうと網膜剥離や緑内障を引き起こし最悪の場合に失明します。

失明した視力は残念ながらもとに戻ることはありません。

ちなみに成人の失明の原因について調べると糖尿病が18%に達しています。

治療について早期に発見した場合は薬物療法を行います。

もし症状が進行した場合は問題箇所をレーザーで焼くレーザー光凝固法や濁りの原因を取り除く硝子体手術を行います。


腎臓の障害について

腎臓は血液をろ過して毒物や老廃物を尿として排出させます。

そして体に良い成分は体内に蓄積させる働きをします。

つまり体内のバランスを取っている器官なんですね。

糖尿病が進行するとこの腎臓の働きが低下して老廃物や毒素が体内に蓄積されてしまうんですね。

治療法について初期の場合は腎臓の働きを低下させるという理由でタンパク質制限を行います。

症状が重い場合は医療器械を使用して血液をろ過する透析療法を行います。


糖尿病の合併症のまとめ

糖尿病の合併症として

・神経障害

・目の障害

・腎臓障害

この3つを説明しました。

この3つ以外にも血行が悪くなる動脈硬化になってしまい動脈硬化は悪化することで心臓病や脳卒中を発症させます。

これらの合併症を防ぐためには初期から治療を受けることが大事なんですね。

治療中は必ず医師の指示に従ってください。

勝手な判断で行動してしまうと合併症が進行してしまうからです。

また毎日の血糖値をしっかりコントロールすれば合併症は起こりません。

当サイトの人気記事

 1番人気! アラプラス糖ダウンの口コミについて詳しく調べてみました

    pagetop
    inserted by FC2 system